皆様こんにちは、室長の澤越です。

紅葉狩り、行かれましたか?秋も終わりました。

今日からいよいよ12月、今年も残りわずかとなりました。

一年・・・あっと言う間に過ぎて参りました。あっ年賀状の準備を始めないと(笑)

これから冬将軍もやって来ます。

なんかとても寒い冬の予感です。寒いのは苦手でございます。

お風邪など体調管理にお気を付け下さいね。

さて、今日から数回に分けて私が介護に携わるようになったきっかけをお話しさせて頂きます。

 

平成25年夏にて私の母親が91歳で他界いたしました。

そうです、私も親の介護が始まりでした。。。。

父は母の亡くなる10年前、平成15年の春に胃がんで亡くなりました。

「母を頼むよ」・・・これが私への父からの遺言でした。

一人になってしまった母をしっかり見て行かなければ父に叱られてしまう・・・

そう決心し、妻の力を借りて母の面倒を見ることになりました。

自分を生んでくれた母・・・ここまで育ててくれた母。

ここから、私の介護への道が始まりました・・・・・・

母と過ごした亡くなるまでの10年間の物語です。

これコラム?と思われるかもしれませんが私も体験からいろいろな学びがありました。

当然介護の知識も・・・・

介護のこと何も知らなかった私が介護に興味を持ち、その重要性を認識し、将来に不安を抱き、何かお役に立ちたいと・・・

そして今、介護会社の役員として勤めております。

私と同じ体験をされた方、今現在されている方、これからの方にとって少しでも

お役に立てるように、心の疲れが取れますように、不安が和らぎますように・・・・

本日もご覧頂きありがとうございました。

 

それでは、次回へ