入社前に抱いていた不安やイメージは、先輩方のおかげで払拭できました。

持ち前の明るさと笑顔がとても印象的な浅井さんは、2021年4月に新卒採用で入社しました。

そんな浅井さんは、介護関係ではない大学を卒業されましたが、働く場所としてガゼルを選んでくれましたが、何故介護業界を選んだのか?介護業界に踏み出す前に不安はなかったのか?そんな疑問をぶつけてみました。

介護業界を選んだきっかけは身内からの「ありがとう」

介護業界を選んだきっかけや、理由を教えてください。

身内に少し介護が必要なことがきっかけで、介護に興味を持ちました。

その身内の方は、黙っていることが多かったのですが、自分が介護のお手伝いをしていると「ありがとう!」と声をかけてもらい、介護は「ありがとう」という気持ちの中で働ける仕事なんだと感じて、介護業界を選びました。

本店-浅井さん

ガゼルは安心して働ける企業

介護業界で働くにあたり、どういった目線で会社を選びましたか?
ガゼルを選んだ理由も教えてください。

大学4年生の時に、グループホームと特別養護老人ホームでアルバイトをしていたのですが、本格的に仕事として介護に携わるのは初めてだったので、研修制度や資格取得補助がしっかりしている企業を選ぼうと思っていました。

ガゼルを選んだ理由は、研修制度や補助制度がしっかりしていて、マンツーマンで先輩がつくプリセプター制度も導入していると聞き、ここなら安心して働けると思ったからです。

入社前の不安はしっかり解消されました

入社前に不安だったことはありますか?

やはり、介護業界はほぼ未経験でしたので、介護の技術や利用者様への対応に不安を持っていましたし、先輩スタッフとの人間関係が上手くいくかも不安でした。

不安ばかりですよね(笑)

そうした不安は解消できましたか?

はい!

和楽縁の先輩は、熱心に指導してくれる方が多いです。
プリセプターさんのフォローも手厚く、わからないことがあれば相談にのってくれるので、入社前に抱いていた不安はすぐに解消されました。

入社してまだ間もないのですが、先輩方とのコミュニケーションを通して、仕事において大切なのは人間関係と、自分から積極的にコミュニケーションをとるということを学ばせてもらいました。

働く中で学んだチームワークの大切さ

入社して数ヶ月が経過しましたが、大変だったことや楽しかったことを教えてください。

入社したばかりの頃は覚えることが多く、利用者様とのコミュニケーションも上手くできずに苦労をしました。

あとは、技術的なことよりも体力面で問題がありました。介護は基本的に立ち仕事ですし、施設内での移動も多く体力を使うため、一日の仕事が終わるともうヘトヘトで…。

今では、利用者様とコミュニケーションをとれるようになり、体力的にもだいぶ慣れてきましたし、利用者様と一緒にお話をすることが楽しいです。

和楽縁で働く中で、得られたモノ・コトはありますか?

「チームワークの大切さ」を学びました。

仮に自分にスキルがあったとしても、他のメンバーとのチームワークを大切にしなければ仕事がしづらかったり、効率よく動くことができませんし、何よりも一人ではできないこともチームなら解決できると思います。

本店-浅井さん

介護のマイナスのイメージを少しでもなくしたい

これから和楽縁や介護業界でやりたいことを教えてください。

そうですね…利用者様と一緒に小旅行をしたいです!

コロナ禍になる前は、和楽縁の先輩方が利用者様やご家族と海に行ったり、野球を見に行ったりしたというエピソードを聞きました。いつか私も利用者様や他のメンバーと一緒に、いろんな場所に行ってみたいですね。

もう一点、介護という仕事は「ツライ・しんどい・キツイ」というイメージが強いと思いますが、実際に働いてみて感じたのは「イメージが先行しすぎている」ということ。
仕事は確かにしんどいこともありますが、介護の全てがしんどいわけではありません。

今後、自分が介護業界で働くことで、そうしたマイナスのイメージを少しでもなくせればと思っています。

メディア戦略室 新井

メディア戦略室 新井

ガゼル株式会社の広報担当「メディア戦略室」です。 弊社が運営する介護施設「和楽縁」で活躍するスタッフや、ガゼルという会社の魅力を発信してまいります。

関連記事

TOP
TOP