どんなことも「凡事徹底」できる介護のプロフェッショナルを目指したい。

笑顔で「いつか海外でも介護を経験してみたい」という大きな夢を語ってくれた林さん。
そんな想いを実現するため和楽縁で頑張っている彼女の、仕事に対する想いを聞いているうちに、介護という仕事が持つ魅力を改めて感じることができました。

ガゼルの行動指針と基本理念に共感しました

介護業界で働くことを選んだきっかけはありますか?

将来、もし大切な人や家族など、身の回りで介護が必要になった時に、自分が支えたいと思ったことがきっかけです。

ガゼルのホームページを見た時に、行動指針と基本理念に共感し「私もこうありたい」と感じたのを覚えています。
ガゼルと和楽縁でなら自分のやりたいことを尊重し、実現に向けて背中を押してくれる。そんな暖かい人達と環境があるガゼルなら、介護のスキルを伸ばしながら自分自身も成長できると信じて、ガゼルを選びました。

介護士-林さん

和楽縁の先輩方を参考にして学ぶ毎日です

入社して大変だったことはありますか?

食事介助でしょうか。

食事介助の時、利用者様のペースを掴めなかったり、なかなか口に含んでいただけない時の促し方が難しかったです。

食事介助に限らずですが、和楽縁の先輩方の声かけや技術を参考にしながら、利用者様と自分にとって安全な方法を見つける努力をしていますが、お食事は利用者様にとって大切な楽しみの一つなので、気持ちよくお食事をしていただけるようなスキルを身につけたいです。

あとは、排泄介助の際、いかに利用者様に負担をかけずに行えるかも模索しました。
もちろん今も模索中です!

介護士-林さん

介護は自分自身を見直す機会が多い仕事

和楽縁で働く中で、得られたモノ・コトはありますか?

いくつかあるのですが…

利用者様の立場に立って考え、行動することを意識できるようになったことだと思います。

介護という仕事は、自分一人ではなく必ず利用者様がいらっしゃるので、相手の立場に立ち自分自身を見直す機会が多く、人としての幅が広がると当時に、多様性・柔軟性を身につけ成長できる職業だと感じています。

まだ和楽縁で働いている期間は短いですが、その短い期間の中でもたくさんのことを学ばせていただきました。

介護士-林さん

確かにそうですね。
人としての成長は介護という仕事の面白みではありますね。

そう思います。

まだまだ覚えることが多く、技術的にも足りない部分ばかりですが、入社した当時よりも利用者様のこと優先的に考え、自分なりに臨機応変に仕事に取り組めていると感じています。
それが私のガゼルで得られたコトですね。

介護士-林さん

広い視野で多くのことを学んでいきたい

これから和楽縁や介護業界でやりたいことを教えてください。

どんなことも「凡事徹底」できる介護のプロフェッショナルを目指したいです。

ナーシング和楽縁は介護だけでなく看護サービスも行っているので、少しでも看護の知識を身につけ利用者様の些細な変化に気づき、寄り添える介護を日々模索して、どんなことでも当たり前のようにできる介護士になりたいと思っています。

介護士-林さん

あとは、海外の介護も経験してみたいですね。

福祉大国と呼ばれるスウェーデンやデンマークに行って、日本とは違う価値観を持つ介護モデルや考え方を、広い視野で学んでみたいと思っています。そうして学んだ知識や考え方を、日本の介護にフィードバックすることができたら本当に嬉しいです!

メディア戦略室 新井

メディア戦略室 新井

ガゼル株式会社の広報担当「メディア戦略室」です。 弊社が運営する介護施設「和楽縁」で活躍するスタッフや、ガゼルという会社の魅力を発信してまいります。

関連記事

TOP
TOP